Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 76

iPhone修理をでお探しの方なら

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理

none

夏の暑さはiPhoneにもNG!?高温での使用には要注意!

梅雨が明けてからというもの、日本各地で連日猛暑日となり
九州北部では、つい昨日も福岡市にて38.3度の観測史上最高気温を記録したとのこと。

 

普段にも増して体調の変化に気をつけなければならない日が続きますが
こんな暑さの時は、あなたのiPhoneもバテてしまうかも!?

高温状態での使用で起きてしまう異常や、その対処法についてご紹介します。

 

iPhoneには推奨環境温度(使用環境が0℃~35℃、保管環境が-20℃~45℃)が設定されており
iPhoneの内部が動作温度の範囲を超えてしまったり、それに近い高温状態が続くと様々な悪影響が現れてしまいます。

 

特に充電・通信・グラフィックの描画などは過熱状態での使用で影響が出やすく

・充電ができなくなったり、充電速度が遅くなる
・ディスプレイが表示されなくなる
・動画やゲームアプリの動作がカクついたり、起動できなくなる
・iPhoneの画面に突然「高温注意 本体温度が下がるまでお待ちください」と表示される

などなど、場合によっては多くの機能に支障が出てしまいます。

 

突然こういった症状に見舞われると、真っ先に疑ってしまうのがiPhoneの故障……
ですが、まずは焦らずにiPhoneの温度をチェック。

もしも本体が通常よりも熱を持っているときは、使用を控え
電源を切って涼しいところへ避難させましょう!

 

扇風機などの簡単な空冷や、接地面積が少なくなるように
本体をナナメ置きにしておくだけでもある程度冷却効果が期待できますよ~!

逆にすぐに冷やしたいからと、冷蔵庫や保冷剤などを使用してしまうと
内部に結露が発生し、本体の故障に繋がってしまうことも……

本体が熱くなっても焦らずに、適切な対処を心がけましょう。

 

スマップル大分店からでした!

カテゴリ:お役立ち情報タグ: 投稿日:2018-07-21


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 985
ページのトップへ移動