iPhone修理をでお探しの方なら

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理

none

ブルー、グリーン、レッド……戦隊モノじゃありません!iPhoneの珍しい故障について。

本日も元気に営業中!iPhone修理のスマップル大分店です。

 

突然ですが、皆さんは「iPhoneが壊れた」というとどういった状態を想像しますか?

もっとも多く目にするものといえば、画面が割れて液晶がグチャグチャになったものや
水に濡れてしまい、ウンともスンとも言わなくなってしまったり……

大きな破損や浸水など、原因がわかりやすい直接的な破損が多いかと思います。

 

もちろん修理においても、そういった故障が大半を占めているのですが
iPhoneというのは、まごうことなき精密機械。
時には原因もわからず、見たことのない症状が突然発生してしまうこともあります。

今回はそんな症状のひとつ、「ブルー(レッド、グリーン)スクリーン」
についてご紹介いたします。

 

 

iPhoneの電源が突然落ち、起動しようとすると通常よりも長いリンゴマーク画面に。
その後一瞬だけ青い画面(または赤、緑の画面)が表示され、またリンゴマークへ……

 

こんな状態が永遠に続いてしまう症状を、通称「ブルー(レッド、グリーン)スクリーン)」と呼んでいます。

このブルースクリーン、いったいどうして起こってしまうのでしょうか?

 

iPhoneは起動時、接続しているICや部品などへ順番に初期化の命令を送り
それが正常に実行されるかをチェックしています。
皆さんが見慣れている、リンゴマークの画面ですね。

 

ここで各部品やICが破損しているなどの理由で正常な信号が返ってこなかったり
マスター側が命令の送受信を正常にできないと、いつものホーム画面まで辿り着くことができません。

その中でも、「液晶画面」が正常に初期化され、他の部分でエラーが発生した際
画面に表示される情報が初期化され、クリアされた状態でリセットがかかるために
画面全体が同じ一色で表示され、また最初のリンゴマークへ戻ってしまうのです。

 

このままでは一生iPhoneが起動できず、発生してしまうと大変困ることになる症状なのですが……

壊れてしまったiPhoneにとって、もっとも大事なことは「これは修理できるトラブルなのか」?

 

次の記事に内容が続きますので、続けてご覧ください!

カテゴリ:お役立ち情報タグ: 投稿日:2018-06-28


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 801
ページのトップへ移動