iPhone修理をでお探しの方なら


営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理 < ?=$shop['pref'].' '.$shop['name']? >

none

位置情報がおかしい時は……!?

大分のiPhone修理店、SMAPPLE大分店です!

本日はiPhoneをお使いの皆様へお役立ち情報をお伝えいたします。

 

皆様はiPhoneの位置情報機能をお使いになってますか?

設定から位置情報の使用を許可するだけで、
SNSで知り合いと現在地の情報を共有できたり
目的地への交通手段を表示してくれたり。

位置情報を使ったARゲームアプリの流行も記憶に新しいですね。

 

今となっては生活に密着してしまって手放せない!
という方も多いのではないでしょうか?

そんな位置情報機能が、うまく取得できないときに試してみたいアレコレをご紹介!

 

 

まず、iPhoneでは位置情報を収集する際に独自のアシストGPS(AGPS)を使用しています。
これは、GPSのほかにWi-Fi通信やモバイルネットワークのデータを収集することで
位置情報の正確性を上げるといったものです。

 

その中でも重要なのがWi-Fi通信らしく、Wi-Fiを使っていない状態では
位置情報が正確に取得できないことも……

 

ということで、まずはWi-Fiネットワークへの接続を!

 

 

次に試してみたいのは、GPS精度を上げる設定です。

 

iPhoneの設定画面を開き、「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」へ。
この中にある、「Wi-Fiネットワーク」と「コンパスの調整」をONにしましょう。

 

個別のアプリごとに位置情報の精度を上げるには、次のような方法で設定します。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「位置情報サービス」ON

そして、位置情報を使用しているアプリの「位置情報を許可する」を一度OFF→ON

 

こうすることで再度位置情報を取得し、精度が上がる場合があります。

 

 

次に試してみたいのは、iPhoneに最初から搭載されている
「コンパス」アプリの調整。

こちらはアプリを起動して、画面の指示に従って調整すればOKです。

コンパスアプリを調整しておくことで、他の位置情報を必要とするアプリの
不良を調整してくれる場合もあるようです。

 

 

これらを試したうえでもなかなか改善されない場合は

タスクキルやiPhoneの再起動、ちょっと変わったところでは
時刻の自動取得をONにしたりすると改善する場合があるようです。

タスクキルやiPhoneの再起動などは、GPSにかかわらず
iPhoneの調子が悪いとき全般に試したいものですね。

 

 

今回ご紹介したように、特定の機能を改善するためにも
様々な方法や手順があります。

SMAPPLE大分店では、お客様の些細な疑問も
スタッフがしっかり解決いたします!

お困りの際は、どんなことでもお気軽にご相談くださいませ!

カテゴリ:お役立ち情報 投稿日:2017-06-14


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 525