iPhone修理をでお探しの方なら

スマップルは業界最安値に挑戦中!!

営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理

none

早くも構想が発表!?2019年、未来のiPhone

まだまだ発売から2週間足らずの「未来のiPhone」、iPhone X。
そのスペックは話題を呼び続け、今も新機能を生かしたアプリがどんどん現れていますよね。

 

そんな興奮さめやらぬiPhone界隈。
Appleは早くも2019年の発表に向け、リア側にに3Dセンサーを搭載した新型iPhoneの
開発に取り掛かっていることが伝えられました。

iPhone Xでは画面側にのみ装備されている3Dセンサーですが、
これが正面(リア側)に装備されればAR(拡張現実)機能に大幅な拡張性が期待できます。

 

現在のiPhone Xのフロント側には、「ドットプロジェクタ」「赤外線カメラ」
「投光イルミネーター」から構成されるTrueDepthカメラが搭載。

これに対して今回開発しているとされる「未来のiPhone」は、リア側に別方式
「Time of Flight」方式の3Dセンサーが追加で装備されるようです。

 

Time of Flightとは、光源より発されたレーザーが周囲の物にあたり
跳ね返ってくるまでの時間を計算することで周囲把握を行う方式のこと。

この方式に関しては、Sonyが買収したベルギーの企業Softkinetic Systemsの
ToF方式距離画像センサー技術と自社技術のCMOSイメージセンサーの技術を組み合わせ
「裏面照射型Time of Flight方式距離画像センサー」という技術を開発していることが
知られています。

 

Appleではこの方式のセンサー開発について、SonyとPanasonicの日本企業2社と
ドイツのInfineon Technologies、スイスのSTMicroelectronicsのヨーロッパ企業2社とともに
議論を進めており、確かに数年以内にiPhoneへ搭載される可能性は高そうです。

 

iPhone X、さらに現在の予定では来年発売のiPhoneも
3Dセンサーの搭載はフロントカメラ側のみ。

AR機能が真価を発揮するのは、至近距離よりも大きく空間を使ったときということで
AR機能の開発に熱心な一部の開発者たちはちょっとだけガッカリしたようですが……

 

2019年に発売を予定しているiPhoneでは、リアカメラにTrueDepthではなく
大量生産が比較的簡単なイメージセンサーを主に用いる
Time of Flight方式の3Dセンサーが導入される予定のため、
生産面では現状問題はないはず。実際の搭載に大きく期待できます!

 

iPhoneのリア側へ3Dセンサーが搭載されるようになれば、水平面の認識に加え
現在苦手な縦の物体認識も可能に。
ARアプリの精度も大幅に向上が期待されるということで、今から期待が高まりますね!

 

既に始まっている未来のデバイス開発。
再来年のわたしたちは、どのようにiPhoneと向き合っているのでしょうか?

スマップル大分店からでした♪

 

カテゴリ:お役立ち情報 投稿日:2017-11-15


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 650
ページのトップへ移動