Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 76

iPhone修理をでお探しの方なら

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理

none

iPhoneが水没!

スマップル大分店でのiPhone修理依頼ですが
「画面修理」「バッテリー交換」「水没復旧」
この3つが大半を占めております。
(中にはカメラやスピーカーなどの修理も珍しいですがあります。)
今回は、iPhoneの水没復旧をみなさまにお届けします。

 

昨日水没してから電源がつかない、と水没復旧依頼がやってきました。
機種はiPhone5S。もう発売して4年が過ぎています。
先日、最新機種のiPhoneXが発売され、5Sや6から機種変更をされた方や
考えている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、「水没してしまったから機種変」と簡単にはいきません。
やはり、「データの取り出し・移行」が必要になってきます。
連絡先やこれまで保存した写真、アプリのデータなど
バックアップすらできないと非常に困ります。

 

水没復旧作業で、データを取り出せる状態に復活させます。
(水没復旧は、「端末が起動でき、データのバックアップ/移行ができる状態」
となりましたら水没復旧完了とさせていただきます。)

 

それでは、お預かりしたiPhone5Sを分解します。

内部に水が残っています。水分をふき取り、乾燥させます。
分解して基盤を取り出し洗浄・乾燥させ、組み立てて起動の確認をします。

 

・・・が、電源ボタンを押しても、充電器をさしても反応がありません。
どこか部品が故障しているか、基盤が死んでしまっているか、のどちらかになります。
部品の故障である事を祈りながら、新しいパーツを仮付けして起動してみましょう。

 

まずは、一番疑わしいバッテリーをつけてみます。
すると・・・

電源が復活しました!
液晶が水でにじんでいますが、タッチ動作に影響は無いため、
画面はそのままで組み立ててお返しです。

 

今回は、「水没復旧」+「バッテリー交換」
で改善することができました。

 

水没復旧は、作業をしてみないと復旧するかはわかりません。
また、水没してからの期間が浅いと、復旧する可能性は高くなってきます。
iPhoneが水に落ちちゃったら、すぐにスマップル大分店へ持ってきてください!

カテゴリ:修理ブログタグ: 投稿日:2017-11-07


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 985
ページのトップへ移動