iPhone修理をでお探しの方なら

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
営業時間
iPhone修理をでお探しなら、のへ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理

none

Touch IDの反応が悪い時の原因と対処法

皆さんこんにちは!iPhone修理のスマップル大分店です🍎

 

iPhone5sから実装されたTouch IDですがiPhone8まで長い間iPhoneの機能として活躍していきました。iPhoneXからはFace IDがメインになりTouch IDは一度幕を下ろしたわけですが今だホームボタンのある機種は人気ですし、今度出るiPhoneはFace IDとTouch IDの二つが付くようになるという噂もあります。

 

そんなTouch IDですが普段通り使っているはずが上手く認証しないことはありませんか?

指紋認証であるTouch IDは指の状態に左右されがちです。今回はTouch IDの反応が悪い理由と対処法をご紹介します!

 

 

Touch IDが反応してくれない原因とは?

なかなかTouch IDが反応しない時、個人的に多いと感じる場面は指が濡れている時ですね。

風呂上りや運動後、クリームを塗った後など水や油分が付いていると指がふやけてしまい上手く指紋を認証できなくなります。

逆に乾燥していても見えないシミが原因で認証が上手くいかない事もあります。また指紋認証は登録した指紋で判断しているので切り傷が出来てしまうと反応しなくなります。

 

もし指が問題なくても反応しないのであればホームボタンの汚れが原因という場合もあります。

指やホームボタンに汚れが付いていないか確認をして、もし汚れているようであればキレイにしてから試してみましょう。

 

細かな部分ではありますが、登録した時と指の角度が違うと上手く認証できない事があります。実際に使う角度で再度登録するか新しく登録してみましょう!

 

Touch IDをストレスなく使うには

上記の事を踏まえてTouch IDを問題なく使うには「指やホームボタンをキレイにする」「いくつかのパターンを登録しておく」の2点に気を付けましょう!

またTouch IDには学習機能が付いているので段々と精度が上がってようです。初めは精度が悪くても少し我慢して使うのも良いでしょう

 

以上、Touch IDが上手く使えない時の原因と対処法でした!

カテゴリ:お役立ち情報タグ: 投稿日:2020-03-06


Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, bool given in /home/links6944/smapple-oita.com/public_html/wp-content/themes/smapple21/functions.php on line 811
ページのトップへ移動